Tags

    2014年4-5月 新年度です

    Comments

    /groups/epx/search/index.rss?tag=hotlist/groups/epx/search/?tag=hotWhat’s HotHotListHot!?tag=hot3/groups/epx/sidebar/HotListsaitoTomoyuki Saito2011-06-02 03:29:02+00:002011-06-02 03:29:02updated3Added tag - hotsaitoTomoyuki Saito2011-06-02 03:09:17+00:002011-06-02 03:09:17addTag2First createdsaitoTomoyuki Saito2011-06-02 03:09:08+00:002011-06-02 03:09:08created1weblog2011-06-02T03:29:02+00:00groups/epx/weblog/28762False新メンバーと研究室セミナー/groups/epx/weblog/28762/index.htmlTomoyuki Saito3 updates新メンバーと研究室セミナー齋藤です。 最近は雨が多くなりましたね。仙台もそろそろ梅雨入りでしょうか。 さてここでの報告はかなり遅れましたが、本年度からうちの研究室には新しくスタッフで石川さんとM1に1人、4年生に1人のメンバーが加わりました。これでスタッフ5人、ドクター7人、マスター7人、4年生1人の結構大所帯になってき...Falsesaito2011-06-02T03:29:02+00:00saitoTomoyuki Saito2011-02-16 05:03:41+00:002011-02-16 05:03:41updated3Added tag - hotsaitoTomoyuki Saito2011-02-16 04:24:50+00:002011-02-16 04:24:50addTag2First createdsaitoTomoyuki Saito2011-02-16 04:23:31+00:002011-02-16 04:23:31created1weblog2011-02-16T05:03:41+00:00groups/epx/weblog/66b79False修士論文を終えて/groups/epx/weblog/66b79/index.htmlTomoyuki Saito3 updates修士論文を終えて 修士論文を終えてほっと一息(?)の齋藤です。 終えた今思うことを簡単に書きます。 修論はきついとは聞いていましたが、やはりきつかったです。 特にラスト3日。。。記憶がありません。 そして提出後の焼肉屋で意識が朦朧とし倒れ、迷惑をかけていまいました。 やはり、どん兵衛ばっかり食べるのは体によくな...Falsesaito2011-02-16T05:03:41+00:00nagamineNagamine2010-05-12 01:44:39+00:002010-05-12 01:44:39updated8nagamineNagamine2010-04-21 06:24:26+00:002010-04-21 06:24:26updated7Added tag - hotnagamineNagamine2010-04-21 06:24:20+00:002010-04-21 06:24:20addTag6nagamineNagamine2010-04-21 03:35:50+00:002010-04-21 03:35:50updated5nagamineNagamine2010-04-21 01:30:10+00:002010-04-21 01:30:10updated4nagamineNagamine2010-04-21 01:22:47+00:002010-04-21 01:22:47updated3nagamineNagamine2010-04-20 01:14:35+00:002010-04-20 01:14:35updated2First creatednagamineNagamine2010-04-20 01:06:31+00:002010-04-20 01:06:31created1wiki2010-05-12T01:44:39+00:00groups/epx/wiki/49fc9Falseレギュラーミーティング/groups/epx/wiki/49fc9/index.htmlNagamine8 updatesレギュラーミーティング 月 火 水 木 金 9:00~10:30 ...Falsenagamine2010-05-12T01:44:39+00:00hot/groups/epx/search/index.rss?sort=modifiedDate&kind=all&sortDirection=reverse&excludePages=wiki/welcomelist/groups/epx/search/?sort=modifiedDate&kind=all&sortDirection=reverse&excludePages=wiki/welcomeRecent ChangesRecentChangesListUpdates?sort=modifiedDate&kind=all&sortDirection=reverse&excludePages=wiki/welcome0/groups/epx/sidebar/RecentChangesListmodifiedDateallRecent ChangesRecentChangesListUpdateswiki/welcomeNo recent changes.reverse5searchlist/groups/epx/calendar/Upcoming EventsUpcomingEventsListEvents1Getting events…

    D1の堀口です。

    4月まで来ました。4月は短いので5月と一緒に書きます
    余談ですがここで僕がダイエットを始めすぐにやめます。



    4月
    新年度を迎え新たなメンバーを迎えました

    <新メンバーインタビュー>
    い塚昌大(「い」:常用漢字じゃないのであきらめ)編
    この研究室を選んだ理由
    オープンキャンパスで訪問して迷い込んだ

    趣味
    ピアノ (6歳から) ピアノサークル所属

    高校時代の部活
    山岳部 ボッカ駅伝出場経験あり

    得意な曲
    エチュード ショパン

    好きな食べ物
    オムライス。単純なやつがいい。

    好きな素粒子
    チャーム

    意気込み
    でかくなります!


    村井峻亮編
    この研究室を選んだ理由
    研究内容、特にILCに魅かれたので

    趣味
    バイク、ツーリング 46/47(県)制覇!!
    待ってろ沖縄!

    バイク
    YBR125 (昔の相棒)
    セロー (今の相棒)

    好きな酒
    グレンリベット

    好きな素粒子
    電子

    意気込み
    研究頑張ります!

    よろしくお願いします。




    5月
    <AWLC, American Workshop on Linear Collider
    5月はAWLCというリニアコライダー関係の国際学会がありました。
    リニアコライダーの研究者は年に1度ずつlocal meetingと国際学会を開いています。

    local meetingはアジア、ヨーロッパ、アメリカの地区で開催されるもので、春に開かれます。
    だからといって他の地域が出てはいけないということはなくむしろ歓迎されます。
    国際会議は文字通り世界中から研究者を集め会議をします。こちらは秋に開催されます。

    開催場所はアジア、ヨーロッパ、アメリカの中で持ち回りで行います。
    前回のlocal meeting(2013年春)はEuropean Linear Collider Workshop ECFA LC2013
    という名前でドイツのハンブルグにあるDESYという研究所で、前回の国際学会(2013秋)はLCWS
    (Linear Collider WorkShop;国際学会の方はこの名前で固定です。)in Tokyoということで
    東京大学で開催されました。
    なので今回はアメリカ開かれました。

    会議の名前はAWLCでイリノイ州のFermi研究所で開催されました。
    この学会には学生ではD1堀口とM2の綿貫君が行ってまいりました。
    今回の学会に参加した日本の学生は全体で4人なので50%を占めています!


    Fermi研究所へはシカゴ空港から公共交通機関がないためレンタカーを借りて自力で到達しなければなりません。
    タクシーで行くという手もあるのですが、最も会場から近いFermi研究所内の宿舎でも
    歩いていくには厳しい距離があるので車を借りました。

    堀口と綿貫君は助教の石川さんが運転する車に乗せてもらいました。
    高速道路を使ったのですが、途中大粒の雨に降られてしまい降りるインターを間違える
    という(地図担当の私が)ミスを犯しましたが無事たどり着きました。
    その後も特に大きな事件もなく(財布紛失したりドル紙幣を持ってこないM2もいましたがそれもご愛嬌)
    過ごすことができました。


    写真はM2の綿貫君の発表風景






    Fermi研究所にいたバイソン(なぜいるのだ…)、




    研究所のメインビルディングであるウィルソンホールです。平原の中にポツンとあります



    ではごきげんよう。